TOP‎ > ‎

e-Book

本学の構成員は電子書籍が利用できます。
学内のネットワークに接続している端末から利用できます。
OPAC (図書館蔵書検索)でも電子書籍の検索が行えます。

電子書籍が利用できるタブレットPC Surface の館内貸出しサービスも行っていますのでご利用ください。

利用上の注意を守り正しく利用しましょう。

【利用上の注意事項】

  1. 短時間に大量のダウンロードやプログラムによる自動データ収集をしないこと
  2. ファイルは個人の学習や研究の目的以外では利用しないこと
  3. 著作権法を遵守して利用すること

eBook Collection 【学外利用可能】

多読用図書や教養書など4,000以上のタイトルの電子書籍が利用できます。
OPAC (図書館蔵書検索)でも電子書籍の検索が行えます。
アカウント登録を行うことにより学外からも利用できます。

【利用方法・注意事項】
 アクセス手順、OPACでの検索方法、個人アカウントの取得方法についてはeBookCollection利用方法」(PDF)を参照してください。
  • タイトルによって同時に利用できる人数に制限があります。
  • 保存、メール送信は1タイトルにつき最大60ページまでです。
  • 個人アカウント取得により書籍の登録やノートの作成機能が利用できます。
    利用を終了するときは、プラットフォーム左上の「戻る」もしくは「新規検索」をクリックしてください。
    ブラウザの「戻る」ボタンや×印で閉じた場合は、利用が継続してしまい、一定時間次の人が利用できなくなります。
  • OPAC (図書館蔵書検索)でも電子書籍の検索が行えます。詳細検索画面で検索ボックスにシリーズ名や書名等を入力し、「電子資料」のプルダウンから「電子書籍」を選択して検索してください。
  • 学外から電子書籍にアクセスする場合はあらかじめ個人アカウントを取得し、アカウントログイン専用URLからアクセスしてください。
【多読用図書シリーズ】
【入門書シリーズ】

Maruzen eBook Library 【学外利用可能】

購読契約している電子書籍が利用できます。
OPAC (図書館蔵書検索)でも電子書籍の検索が行えます。
アカウント登録を行うことにより学外からも利用できます。

【利用上の注意事項】
  • 検索対象は「すべてのタイトル」または「購読契約タイトル」を指定することができます。
    「すべてのタイトル」:Maruzen eBook Libraryに搭載の全タイトル
    「購読契約タイトル」:本文が利用できるタイトル
  • 同時に利用できる人数に制限があります。
  • 印刷、保存は1タイトルにつき最大60ページまでです。
  • 利用を終了するときは、必ず画面右上の「閲覧終了」ボタンをクリックしてください。
    ブラウザの「戻る」ボタンや「×」印で閉じた場合は、利用が継続してしまい、次の人が利用できなくなります。
 その他検索方法や機能については「利用案内」を確認してください。